【契約書を要チェック】貸し店舗の現状復帰工事の対象とは

作業員

転居の際に必要な作業

工事

マンション施設の原状復帰では、壁や床などの劣化が激しい部分に対して、修繕作業を実施して原状復帰を実現しています。テナント施設の場合には、専門的な作業を繰り返し実施して、見た目に関しても配慮した原状復帰となります。

テナントのスケルトン解体

空き部屋

費用の相場とは

テナントから撤退する際に行わなければならないのが現状復帰です。新たな貸借人を連れてくれば、居抜き物件として利用してもらえる可能性もありますが、そうでない場合は現状復帰しなければなりません。飲食店だとスケルトンに戻すことが一般的ですが、その相場として1平方メートルあたり6000円以上かかることが多くなっています。飲食店の業種にもよりますが、調理する際に煙を集める無煙ロースターなどを設置していたり、多量の煙を効率的に排気するため特殊なダクトなどを設置している場合だと6000円を大きく超えることもあります。この現状復帰費用の中には、内装に使用されているクロス(壁や天井)、天井などに設置している照明などが対象です。また物件によっては厨房機器や什器、パーティションや給排水管なども対象です。さらに耐震補強している場合はその補強までが撤去の対象となる場合もあるため、しっかり確認しておきましょう。これ以外にも立地環境によって相場が違ってきます。テナントに駐車場がなかったり、近隣に駐車場がない場合だと、解体作業で生じる建築廃材や機器の搬出に手間がかかるため、現状復帰費用を押し上げる原因になりますので、依頼する前に駐車場を確保しておくと良いでしょう。テナントの場合はスケルトン状態(コンクリート打ちっぱなし状態)に戻さなければならないため、テナント契約書類を準備しておきます。それらの契約書には、テナントとして入居する前の設備などが記載されているため、現状復帰する際の参考になります。

色々な不動産の専門用語

空室

現状回復や原状回復は、不動産取引において頻繁に出てくる文言です。原状回復は、元の状態に戻すことを意味しており、契約の際のルールとしてよく設定されます。それぞれの文言の意味を正確に把握することが、不動産取引においては必要です。

作業効率で変わる費用

作業者

現状復帰する際には、作業の手間がかかるほど費用が増えていきます。良心的な業者は1平方メートルあたりの予算を見積もりしてくれるため、複数の見積もり業者に依頼したり、機材や建設廃材の搬出方法、追加費用の発生の可能性なども必ず確認しておきましょう。