【契約書を要チェック】貸し店舗の現状復帰工事の対象とは

作業者

転居の際に必要な作業

工事

敷金が返ってくる

マンションや店舗として利用したテナント施設に関しては、契約を終了する前に原状復帰させることになります。マンション施設などのように、個人で利用する施設の場合には、原状復帰を専門にする業者に依頼すれば、とても簡単に作業を完了することが可能で、全国的に多くの業者がサービスを提供しています。マンション物件の現状復帰では、経年劣化によって生じた壁の修繕や、カビが発生することの多い浴室などを集中して改善していて、元の状態にしっかりと戻してくれます。また床は家具がなくなると目立つ部分なので、重点的にケアをします。原状復帰をする時に大切な作業となるのが、目立たない部分の修繕です。細かい部分ですが天井の隅やトイレの裏側など、きちんと修復すると状態が大きく改善する箇所に関しては、厳しく原状復帰をすることになります。適切な原状復帰を行なうことに成功すれば、家主に修繕費用を支払う必要がなくなるだけではなく、敷金が返金されることもあります。そのため多くの方が原状復帰を業者に依頼していて、返金される敷金の範囲内の費用の作業が実施されています。店舗として利用したテナント施設に関しては、多くの修繕箇所が存在するので、必ず修繕をして契約を終わらせなくてはいけません。テナント施設の原状復帰では、頻繁に使用した箇所を重点的に直すことになります。そして見た目の印象に関しても大切になるので、専門的な加工技術を駆使して作業を実施します。