【契約書を要チェック】貸し店舗の現状復帰工事の対象とは

作業者

色々な不動産の専門用語

空室

意味する所を理解

不動産取引の契約をする時には、この業界独特の用語が出てくることがあります。例えば、現状回復や原状回復などは、様々なシーンで浮上してくる言葉です。一見同じように感じる言葉も、実際には全く異なる意味を持つ場合があるため、不動産取引を行うに当たっては、専門用語の理解が不可欠となってきます。契約書などで頻繁に使用される原状回復は、基本的に元の状態にして戻すという意味に解釈が出来ます。例えば、原状回復のルールで賃貸契約を結んだ不動産は、返還する時には元の状態に戻すことが必要です。契約後に導入した設備などは、通常、すべて取り外して返還をします。原状が元の状態を指すのに対し、現状はその時点での状態を示します。ですが最近は、原状回復と同じ意味で現状回復の文言が使用されています。契約書などで現状回復の文言が使われていたら、その意味合いについてしっかりと確認しておくのがベストです。このような現状回復などの文言は、賃貸契約の場合に頻出してきます。不動産の契約は、細かいルールを特約として設定し、取り決めることが出来ます。原状回復のルールが設定されている時には、賃貸後の物件の状態を出来るだけ変えない方が返還時の負担が少なくなります。ルールの正確な意味合いを押さえておくだけで、不動産取引をより安全に進めていくことが可能です。細かい文言にも注意を払い、ルールを正確に理解しながら手続きを行う姿勢が、不動産取引では求められます。